【コミックシーモア】電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。

会社の飲み会で白熱の議論を交わす、主人公の相澤みのりと上司の羽田野。
この二人はとにかく犬猿の仲で知られていたが、この日はなんと終電を逃すほどヒートアップしてしまう。

とりあえず男女兼用のカプセルホテルで一泊することにした二人。
ほっと一息ついたのもつかの間、みのりがお風呂から上がって戻ってくると、知らないおばさんがみのりの部屋で爆睡していた・・・。

どんなに起こしても起きないおばさんに困り果てたみのり。
フロントに相談するも、今日はあいにく満室のため、他に空いている部屋がないんだそう・・・。

ほとほと困り果てていたみのりの前に現れたのは、さっきまでバトルを繰り広げていた上司の羽田野。
事情を聞いた羽田野は、みのりを自分の部屋に招き入れることに・・・。

しかし狭いカプセルホテルの中で、男と女が二人っきりで何も起きないわけがなく・・・!?

続きは本編で♪→【終電後、カプセルホテルで、上司に微熱伝わる夜。